男性
レビスマ通販で買う!   >   三大ED治療薬の特徴

三大ED治療薬の特徴

アップ

今回はこの、三大ED治療薬の特徴をみていきましょう。今回はレビトラ以外のバイアグラ、シアリスです。さっそくバイアグラの説明をしていきます。バイアグラは1998年アメリカで世界初のED治療薬として販売されました。

このバイアグラは最初の目的はED治療を目的とはしておらず、狭心症の治療薬として開発が進められていました。そこの開発段階でペニスが勃起することに気が付きバイアグラが開発されました。バイアグラの有効成分はシルデナフィルで、会社の名前はアメリカファイザー社となっています。

バイアグラを飲んでから、1時間で効果でてきて、それが5時間続きます。世界初の薬だけあって、弱点となる部分も多いのがこのバイアグラです。それは副作用が強いことと、食事やアルコールの影響をもろに受けるということです。

とくに副作用は飲んだ人ほぼ全員が感じとまで言われています。中には性行為ができないぐらい副作用がでる男性がいるとのことです。

しかし、副作用は薬が効いている時間の間だけですので安心してください。そして食事やアルコールの影響を受けるので、空腹と時に飲む、飲んでも食事を摂ってもいけません。この二つがバイアグラの最大の弱点とも言えますね。

性行為前後に何も食事を摂らないなんて考えられませんよね。この弱点を改善したのがシアリスです。シアリスは副作用が最も弱いとされており、また効果時間も36時間という長距離ランナーと言えるでしょう。

なので、即効性はありませんので、性行為の3時間前には薬を飲んでおくことが必要です。そしてこのシアリスは食事とアルコールの影響を受けにくくなっていますが、食べ過ぎ飲み過ぎはダメです。でもバイアグラに比べてたらだいぶマシになっていますよね。最後にレビトラはこの二つの薬のちょうど中間に位置します。

Copyright(c) 2018 レビスマ通販で買う! All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com